ファーストサーバーのPHPバージョンが変更

ファーストサーバーにてPHP5の導入がコメントされました。

平素よりファーストサーバをご利用いただき、誠にありがとうございます。

弊社にて提供しております PHP について、 2008年1月8日より PHP5への対応を開始いたしました。

また、従来提供の PHP4 は今後提供を終了する予定でございますので、現在PHP4にてご利用中のお客様は、ご利用のPHPプログラムの見直しをお願いいたします。

ただし、PHP5の提供はCGI版になりプログラムの変更は免れない模様。
以下に変更内容を示す。

PHP4とPHP5とでは、弊社でのご提供において以下の相違点がございます。
ご確認いただき、プログラムの見直しを行ってください。

  PHP4(従来) PHP5
提供形態 DSO版 CGI 版
プログラムへのパス記述 不要 必要
ファイルのパーミッション 644 755※アップロード後に変更が必要
プログラムの拡張子 .php .php5

つまり、wordpressに関していえば

  1. 拡張子の変更 .php → .php5
  2. パーミッションの変更 644など → 755
  3. phpパスの追加

の作業が、最低でも必要になる。

ここで、拡張子の変更に関してはFAQに答えがあった。

拡張子「.php」でPHP5プログラムを動作させたい。
「.htaccess」ファイルの設置によりお客様にて設定の変更が可能です。手順は下記をご参照ください。
====================================
■.htaccess の設置方法(.php でPHP5プログラムを利用する場合)
====================================
 1) テキストエディタに下記の内容を記述します。

—–ここから—–ここから—–ここから—–
AddHandler cgi-script .php

—–ここまで—–ここまで—–ここまで—–

 ※記述の最後には必ず「Enter」キーなどで改行を挿入してください。
 2) 1)のファイルを .htaccess という名前で保存し、サーバにアップロードします。
※「.htaccess」は、認識させたいファイルと同階層にアップロードしてください。
※「.htaccess」は、wwwディレクトリ以下全てに同じ設定をされる場合は
wwwディレクトリ直下に、特定のディレクトリのみに設定
される場合は特定のディレクトリにだけアップロードしてください。
※.htaccessはサーバの挙動を制御するものですので、取り扱いには
十分にご注意ください。

.htaccessに記述したうえでアクセスできることは確認した。(もちろんPHPは動かない。)

次にパーミッションの変更に関しては「FFFTP」などであれば拡張子ごとに転送時の動作を設定できるためあらかじめ転送設定に.PHPは755で転送するように設定しておけばよい。

最後のPHPパスの追加であるが、すべてのPHPファイルの先頭に「#!/usr/bin/php」の記述が必要になる。記述なしでは動かなかった。
いろいろ調べてみたが他に方法はなさそうなので、すべてのPHPファイルに追加することにする。他の方法に関する情報があったら是非教えてほしい・・・

2 Replies to “ファーストサーバーのPHPバージョンが変更”

  1. 昨日3/13にfsv社から発表がありましたね。
    一応PHP5(DSO)へ切替え可能っぽいですが、
    念のためそれまでにPHP5(CGI)の確認をしておいた方がよさそうな気配。

    1).htaccess
      AddHandler cgi-script .php

    2)パーミッション755

    3)
    #!/usr/bin/php

  2. 昨日3/14に事前申請をすませました。サーバ契約だけで二十数個あるので申請も大変ですw
    同時に現在PHP4で動いているwordpressがあるサーバはPHP4の延長申請もしました。これはPHP4で動いているwordpressがそのままPHP5(DSO)で動くかの確認のためです。
    動かないようであればクリーンインストール+再検証ですけどね^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。