WP-DBManagerでバックアップ

2010/1/14追記:どうも動いていなかった模様。ファーストサーバから回答を頂いた。

「現在ご契約中のサーバでのデータベース機能(MySQL) は、ホスト名で
のアクセスを前提に提供させて頂いており、MySQL のパスはご案内いた
しておりません。

また、弊社サーバでは mysqldump をご用意いたしておりません。

  ※個別にmysqldump をご用意させていただく等の対応も
    行なっておりません。」

フォーラムでも混乱を招いてしまったので早めに追記しておきます。

以前にもWP-DBManagerの記事を載せたのですが、今回wordpress2.8.4、WP-DBManager2.50でファーストサーバーのバックアップ方法を覚書。以前の記事では一部エラーが残っていたが、今回はきっちり動きました。

WP-DBManagerはプラグインの新規追加から検索すれば簡単に見つかります。インストールも自動でOK。
有効化すると「バックアップフォルダが安全じゃないよ!」と怒られるので、プラグインフォルダにあるhtaccess.txtを.htaccessにリネームしてWP-DBManagerが自動生成したwp-content配下のbackup-dbフォルダにアップロード、以降怒られません。

日本語化の方法は今回は小粋空間さんを参考にしました。ご覧あれ。

日本語化するとメニューも「データベース」になります。ここからDB オプションを選びましょう。
mysqldumpのパスもmysqlのパスも自動検索は無理です。以下の設定で。
mysqldumpのパス:

/usr/local/mysql

mysqlのパス:

/usr/local/bin

これでDBバックアップをクリックすればエラーはでないはずです。試しに手動バックアップしてFTPで確認してみてください。メールでも送れます、便利ですねぇ。

“WP-DBManagerでバックアップ” への2件の返信

  1. ありゃ?こんなんで参考になりましたか?
    ファーストサーバーじゃ使えないよってだけの結果だったんですけどね(汗)
    phpinfoとか公開していないサーバーはパスの指定とかが必要なプラグインなどは使えないと考えた方がいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。