年末年始休暇中にウェブサービスをひとつ作る!

と、言うことで、本日からちょっと頑張ってます。

でも、ブログを書きながら作業はできない(そんなに器用じゃない)ので、ブログは参考にしたサイトのメモをとりあえず書きながら、あとでまとめようと思います。

まずドメイン取得しました。もともとムームードメインを使っているので、そこでさくっと。でも.comなどで取るべきか、安い.usとかで名前を工夫して取ろうかとか、色々考えましたけど、XOOPSの酒井さんやWordPressの星野さんなどの助言をFacebookで得て決めました。

ムームードメインだと.comで年間950円ですね。サーバーはとりあえず現状のものを使うとして、動くかどうかも分からないウェブサービス作るのに多大なお金はかけられないので、1000円弱ならまあスタートとしてはいいでしょう。

登録型のウェブサービスを作ろうとすると、ユーザーが使うURLが気になるところ。個人的にはexample.com/hoge/とかはなんか好きになれないので、hoge.example.comなどのようにユーザー名のサブドメインが使えるといーなーと思います。

と、言うことで、DNSはムームーじゃ駄目だということがわかります。(ワイルドカードが使えないって意味で)なので、子育て家族のための会員制ブログ-ころぐ( http://colog.jp/ )を作っている西川さんがお勧めしていたDozens( http://dozens.jp )を使うことにしました。

まずDozensの設定方法は、
・DNSサービス”Dozens”でのドメイン運用開始の流れ | DocumentaryONE( http://do-one.jp/blog/web-service/dozens/ )で基本的なことを学習し、

Dozensのワイルドカードの設定方法は、
・ムームーDNSでワイルドカードを使う | mutter( http://nplll.com/archives/2011/04/dns.php )で設定しました。

ワイルドカードの設定については、設定後nslookupもうまくいかなかったので、
・無料のネームサーバ「Dozens.jp」を使ってみる | 某氏のたわごと NEXT( http://blog2.k05.biz/2011/06/dozensjp.html )の追記で解決しました。

が、しかし、肝心のロリポップ側でDozensのDNSを認識してくれません。新規ドメインの設定でDNSをlolipopに設定しろと言われてしまいます。nslookupをしてもIPアドレスが返ってくるし、pingも通るのでDNSの設定は問題なさそう…

そこで、一旦ムームードメインのDNS設定をDozensからロリポップに変更。しばらく待ったらロリポップ側でドメインの設定ができました。すかさずムームードメインのDNS設定をDozensに変更。少し時間を置いてもアクセスできるので問題なさそうです。

WordPressのマルチサイト化は、以前にもやったことがありましたが、まったく覚えていなかったので(ヲイ
・[058] ロリポップでWordPress <2>マルチサイト化 | WordPress Experiment( http://experiment.street-square.com/2010/12/06/lolipop-multisite-subdomain/ )で設定しました。

とりあえず、マルチインストールでのWordPressの表示は完了。ネットワーク管理者でユーザーの作成などができる状況に。テスト用のユーザーを作成するも、テスト用ユーザーの管理画面からはサイトが作れない…

ここでめげていてもしょうがないので、管理者でサイトを作成。sample.example.comのアドレスが生成されたところまで確認できましたが、やはりロリポップの管理画面で設定をしないとサイトが表示されません…

http://twitter.com/#!/shokun0803/status/151712553658089474
http://twitter.com/#!/jim0912/status/151712778724454400

ってことで、どうっすっかなw

いちおう、WordPress日本語Codex-レンタルサーバ情報/マルチサイト対応( http://wpdocs.sourceforge.jp/レンタルサーバ情報/マルチサイト対応 )ではCORESERVERにWEB サーバのワイルドカードサブドメイン(ServerAlias)の設定方法ってのがあるので、もしかしたらできるっぽい?

と、ここまでで夜も更けてきたのでお休みなさい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。