設置ディレクトリと違うディレクトリでの運用

さて、ファーストサーバー用のインストール記事も完成したことなので、違うことに挑戦です。
wordpressを設置ディレクトリとは違うディレクトリで運用する方法です。

参考にしたページはpower source*さん。ファーストサーバーでは少々エラーがでたので追記します。

「設置ディレクトリとは違うディレクトリ」というのは、例えば「http://www.example.com/wordpress/」というディレクトリにインストールした場合でも「http://www.example.com/」や「http://www.example.com/blog/」でページを見れるようにするということ。ルートディレクトリにはいろいろファイルを置きたくないとか、今回の私の場合はblogディレクトリはすでに存在しているけどwordpressを仮に設置して後ほどblogディレクトリで運用したいと思い、wordpressディレクトリにインストールしつつ、blog2ディレクトリで見れるように加工し、正規運用の際にはblogディレクトリで稼働させようと画策したものです。blogディレクトリの中身を壊さずかつ運用したままwordpressをテスト稼働させ、再インストールなどをしなくても設定のみでblogディレクトリで運用可能です。

詳細はpower source*さんのページを見ていただくとして、ファーストサーバー用に変更したこと。
肝は.htaccessのアドレス表記方法。
index.phpの4行目を以下のように修正します。

require('/virtual/www/wordpress/wp-blog-header.php');

power source*さんのページでは

require('./wordpress/wp-blog-header.php');

となっていますが、エラーが出たので上記のように修正しました。ファーストサーバーのディレクトリ構成の問題だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。