TinyMCEの日本語化

以前にも行ったのですが、wordpressを別サーバにインストールしたついでにTinyMCEの日本語化を行ったので覚書です。
えっと、私のwordpressの構成ではプラグインでWP-TinyMCEとImageManagerを導入しています。ImageManagerは日本語化済みなので、TinyMCEの日本語化のみです。
とは言うものの、TinyMCEの公式サイトlanguageファイルが配布されてます。他のページでもよく見るのですが「wordpressで日本語化ができない」というのは簡単に解決しました。

まず、TinyMCEの公式サイトでlanguageファイルをダウンロードしてきます。解凍したファイルの中の「langs」「plugins」「themes」フォルダを上書きします。このフォルダの中にはja.jsファイルが入っているだけ(複数)なので置き換えてはいけません、既存の同名フォルダに「上書き」してください。
これで8割方日本語化されます。WP-TinyMCEプラグインを入れていると追加のボタンが日本語化されているのが確認できると思います。入れていない方は日本語化されていないように見えるかも。(アップロードしたのに日本語化していなかったらCtrl+F5で更新しましょう。)

次に/wp-includes/tinymce/plugins/wordpress/langs/フォルダにあるen.jsを参考にja.jsを作成します。私が作った中途半端なものでよければこちらをどうぞ^^;
en.jsはshift-jisで作成されています。ja.jsを保存する際はエンコードに気を付けてください。私はwordpressがUTF-8なのでja.jsもUFT-8で保存しました。

これで9割方日本語化が完了します。一部日本語化されていませんが・・・ほとんど使う予定がないのでとりあえずこのままです^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。