WordBench写真部に向けて色々と…

デジタル一眼を買いました。EOS 60Dです。

そしてその週のWordBench写真部+八王子 in 高尾は残念ながら中止です。もちろん地震の影響です。

なので、とりあえずニューカメラの練習とRAW現像のお勉強などいろいろ…

試し撮り:flickr

場所はお台場と自宅

RAW現像のお勉強:DPP(Digital Photo Professional)という付属ソフトにて。PhotoshopEL7.0はカメラRAWが60DのRAW形式に対応していないため読めませんでした。PhotoshopEL9.0から読めるらしい。

一応アドバイス:
http://twitter.com/#!/kurosquare/status/51922698980438016
http://twitter.com/#!/odyssey/status/51924722786639872
まあつまり、勝手にやれとw

JPEG同時保存で60Dが自動生成した画像

こちらはRAW+JPEGで撮影し、60Dが生成したJPEG画像です。クリエイティブ全自動で表現セレクトをふんわりやわらかく「強め」で撮影しました。

DPPを使用し補正した画像

そしてこちらがDPPを使用して画像補正したものです。色々撮影モードを試していると被写体のぶっちゃんを撮るときには表現セレクトで暖かくやさしくにすると色合いもよく見えましたので、他に撮影していた暖かくやさしくの設定情報を参考に設定してみました。

色の濃さ 元-3 → 参考画像では1だったけど2に
アンシャープマスク
強さ 元1 → 2
しきい値 元7 → 6

気になっていたのは色合いだけなので、色の濃さの修正だけでもよかったかも。ふんわりやわらかくの表現を残すならアンシャープマスクの修正はしない方がいいかもしれませんね。

実際にはプログラムAEで撮影することが多くなるだろうと思えますので、さまざまな表現セレクトの設定値を調べておけば現像するときに役に立つかもしれませんね。

次回写真部は花見かな?それまでに色々と勉強できればいいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。